我が家の動物たち

花小金井駅北口徒歩1分、小平市でアレルギーから発達障害まで、医療法人すこやか武蔵野 花小金井駅前こどもクリニックです。手足口病、RSウイルス感染症、新型コロナウイルス感染症は依然として流行しているものの、2週間前と比べ減少傾向にあるように感じます。

今日は私が家族と共に家で育てている動物を紹介します。まず、オーストラリアン・ラブラドゥードルという犬種の4歳の雌犬がいます。24kgある大型犬ですが、白くて長い毛並みがふわふわしているので更に大きく見えます。穏やかな性格の甘えん坊です。厚い毛皮を着ているようなものなので夏は苦手で、朝晩の涼しい時間に散歩しています。次に、2歳のセキセイインコがいます。雄なので人の言葉をまねますし、お喋りで活発です。鳥かごからいったん逃げ出すと捕まえるのが一苦労です。その他にそれぞれ別々の水槽で金魚、メダカ、テトラフィッシュを育てています。

これまでにヒキガエル(生きたダンゴムシを餌にして与えました)、アリ(女王バチを掴まえたところ卵を産み、アリの国ができました)、カブトムシ(雄雌の成虫を飼っていたところ交尾して産卵し、孵化して幼虫・蛹を経て次世代の成虫になりました)、オオクワガタ(幼虫をもらって成虫にしました)、アゲハ(幼虫が蛹の状態で冬を越し春に成虫になりました)などを育ててきました。

動物を育てているお子さんがいらっしゃったら、受診された際に是非教えてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です