doctor

子どもの要求 その他

子どもの要求

イセルニア(Isernia), モリーゼ州 児童精神科医である佐々木正美先生は著書「子どもへのまなざし」の中で、育児とは子どもの(あらゆる)要求に(何度でも繰り返し)応じ続けることである、ということを書かれました。小児科医としてそのようなことを教わったことはありませんでしたし、感覚的にも“あらゆる要…
5歳児健診 医療

5歳児健診

マドリッド(Madrid), スペイン 国の方針で、5歳児健診が導入されていくようです。他の多くの子どもとは感じ方や考え方がやや異なっている子どもは、他の多くの子どもに適した一斉一律の保育・教育の環境では穏やかに過ごせないことがあり、それは4-5歳になって気付かれることが少なくありません。そういった…
挨拶 その他

挨拶

留学終了1年後、再会を祝して、ジェノヴァ 外来で診察の終わりに親御さんが子どもに「ありがとうございました」と言うように促すことがしばしばあります。実際に思っていないことや何故その必要があるのかわからないことを言うように促される機会はできるだけ少ないほうがいいと私は考えます。「ありがとうございました」…
教会 その他

教会

聖ロレンツォ大聖堂(S.Lorenzo), ジェノヴァ 訳あって、久し振りにキリスト教の礼拝に出席しました。その教会の運営する幼稚園を卒園し、小学生の間は毎週日曜日に子ども向けの礼拝と日曜学校に出席していましたが、中学生以降は足が遠のいていましたから、最後がいつかは正確に覚えていませんが、かなりの時…
ペスト その他

ペスト

ペストであえたトレネッテ(Trenette al pesto), ジェノヴァのトラットリアにて 私の留学したジェノヴァという町では、ほぼジェノヴァ料理(あるいはジェノヴァの属するリグーリア州の料理)だけが食べられています。ピッツェリア(ナポリ料理)やシチリア料理店というものは確かに少数みかけますが、…
リバティ 医療

リバティ

テヴェレ川(Tevere), ローマ 桜の花弁が舞い落ちて地面を覆うようになる頃、頭上では枝に散り残った花弁と若芽が入り混じって、リバティ・プリント(リバティ柄)のようになってきます。花見の喧騒がひと段落して、少しほっとする頃でもあります。 小金井市にあるスポーツショップ「リバティ」で中学サッカー部…
白衣 医療

白衣

デ・フェッラーリ広場(Piazza De Ferrari), ジェノヴァ 海外の医療ドラマ、特に救命救急や外科系の医療ドラマが放送されたあたりから、それ以前は「手術着(オペ着)」として救命救急室や手術室だけで着られていたスクラブ(ケーシー)を普通の診療場面でも着る人が増えました。血液などが付着しやす…
風邪かどうか その他

風邪かどうか

オートラント(Otoranto), プーリア州 「風邪であるかどうかは医師にしかわらかない」「頚が据わったかどうかは医師が判断する」と言う医師がいるらしいです。「医療で言うところの風邪」あるいは「医療で言うところの頚の据わり」については確かに医療の場において判断することなのかもしれません。 しかし、…
木に登りたい子ども その他

木に登りたい子ども

マドリッド(Madrid), スペイン 絶版になっていたボーヴォワールの「人間について」(新潮文庫)を古本屋で発見し、購入して読みました。読んだとは言っても私には哲学書を読む素養が十分でなく、半分も理解できませんでしたが、幾つか考えさせられる部分がありました。そのうちの一つです。 「ここにひとりの子…
花粉症 医療

花粉症

コヴァドンガ(Covadonga), スペイン 医療制度改革に正面から向き合って公約に掲げる国政政党がようやく出てきました。窓口負担の一律化(3割)や保険診療範囲の適正化などは、医療機関を利用する人にとって負担が増したり利用しにくくなったりする改革に見えるかもしれません。医療を提供する側にとっても、…