半年を振り返って

花小金井駅北口徒歩1分、小平市でアレルギーから発達障害まで、医療法人すこやか武蔵野 花小金井駅前こどもクリニックです。6月1日の開院からちょうど半年が経ちました。

7-8月には新型コロナウイルス感染症が子どもたちの間でも流行しました。同時期に手足口病やRSウイルス感染症などの流行もあったため発熱するお子さんがとても多いなか、クリニックの診療を何とか早く軌道にのせようと試行錯誤しました。地域の小児科クリニックとしての使命を忘れず、平時・非常時それぞれに何を優先するべきか見直しながら、「何でも相談できる」クリニックとする努力を続けていきます。

9-10月頃からは発達に関する相談で受診されるお子さんも増えてきて、11月からは第1・第3木曜日の午後を発達・神経専門外来として診療していくことにしました。小児科医単独で、小児科診療の枠組みのなかでできることの限界はあり、様々な専門スタッフが時間をかけて対応する療育センターのようにはいかないのですが、何カ月も待つこなく「いつでも相談できる」(そして、その日から少しだけ役に立つ)発達診療を目指したいと思います。

開院前後から右肩の痛み(いわゆる「五十肩」)に悩まされてきました。腕が上がらず、夜も寝辛かったのですが、最近少しずつ痛みが少なくなってきました。自分自身の体調も整えながら、「ずっと相談できる」クリニックでありたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です